介護福祉サービス系資格を取得 生活・仕事・転職で活用。介護福祉/高齢者ビジネスに新規参入/事業化/起業化/開業を目指す。

武田流心くばり介護道/介護傾聴師養成講座ブログ「最上級の介護サービスとは」

与えられた使命は何か
最近知り合いの娘さんが看護学校を2年間通って退学しました。
彼女には、結婚して4歳の子供さんがいます。一大決心をしてご主人に協力をしてもらい、実母(私の知り合い)には孫の面倒を見てもらっていました。女性が長く仕事をするには、資格を取って専門を究めていくことが一番いいと言うことで、介護士になるよりは看護師になる方が収入も得られるというものでした。
続きを読む >>
- | -
あなたのお客様は満足していらっしゃいますか?「介護とお客様満足」その
最上級の介護を目指すあなたには「入所者が満足できる対応」は当たり前です。入所者はじめ、あなたを取り巻く全ての人々があなたの心や動きに期待以上の感動を得た時、あなたは最上級の介護を目指すプロと言えるでしょう。 前回は、介護を一つのビジネスとして介護業界を支え続ける事業関係者の方々の「お客様満足」について考えました。 今回は次の方々の「お客様満足」について考えましょう。
続きを読む >>
- | -
心の声を受け止める
「本当にこの仕事を続けていていいのかな」一人の介護職員のつぶやきでした。
「疲れて体がぐったりして、睡眠を取っても回復しないし、いつも気持ちが沈んでいて大好きなサイクリングにも行きたくないのです」とこんな話を私にしたA介護職員はベテランの職員です。介護施設は本当に人手が足りない状況で、休みの日でも出勤して仕事をこなしさりげなく帰っていきます。緊張と疲労、そして部下の育成が重なっている現状は、私が見ていても重労働だということがわかりました。
続きを読む >>
- | -
あなたのお客様は満足していらっしゃいますか?「介護とお客様満足」その
最上級の介護を目指すあなたには「入所者が満足できる対応」は当たり前です。入所者はじめ、あなたを取り巻く全ての人々があなたの心や動きに期待以上の感動を得た時、あなたは最上級の介護を目指すプロと言えるでしょう。
前回は、介護福祉に関する全ての医療従事者の方々の「お客様満足」について考えました。
今回は次の方々の「お客様満足」について考えましょう。
続きを読む >>
- | -
すべては相手を思う気持ちが形となる
少し前のことになりますが、私がヘルパー2級の養成講座を受けていた時の事です。 講座の講師の方々は皆ベテラン揃いで、どの講義も聞き逃せない貴重なものでした。そのなかで今でも私の心に生きている講師の方の話しがあります。
続きを読む >>
- | -
あなたのお客様は満足していらっしゃいますか?「介護とお客様満足」その
最上級の介護を目指すあなたには「入所者が満足できる対応」は当たり前です。入所者はじめ、あなたを取り巻く全ての人々があなたの心や動きに期待以上の感動を得た時、あなたは最上級の介護を目指すプロと言えるでしょう。
前回は、入所者を直接、間接に支えている組織の従業員の方々の「お客様満足」について考えました。
今回は次の方々の「お客様満足」について考えましょう。
続きを読む >>
- | -
一流の介護職員を育てる
一人暮らしで頑張り屋のKさん86歳は、膝を手術してしばらく入院の後リハビリに通い、どうにか再び一人暮らしができるようになりました。でも年齢的なことからなかなか体が思うように動かないので、ヘルパーさんをお願いしたいという相談を受けました。その後手続きをされ生活介助のサービスを受けるようになりました。Kさんは何かと私を頼ってくださいます。近くに息子さんご夫婦はいらっしゃるのですが、私に本音を言い易いようで、ちょくちょくお顔を見せていただいております。
続きを読む >>
- | -
「心くばり介護道」で介護の本質を学ぶ
介護の世界は出入りが激しいとよく言われます。簡単に入ってくるけど簡単にやめてしまいます。志を持って入ってくるけど簡単に辞めてしまうのです。どこでも介護関係は万年人材不足です。
続きを読む >>
- | -
あなたのお客様は満足していらっしゃいますか?「介護とお客様満足」その
最上級の介護を目指すあなたには「入所者が満足できる対応」は当たり前です。入所者はじめ、あなたを取り巻く全ての人々があなたの心や動きに期待以上の感動を得た時、あなたは最上級の介護を目指すプロと言えるでしょう。 前回は「プロとして直接的に介護に携わる介護者の仲間の「お客様満足」について考えました。 今回は次の「お客様満足」について考えましょう。
続きを読む >>
- | -
基礎はしっかり固める
介護現場に必要な知識とマナーを体系化した本をある介護施設に紹介しました。するとページをぺらぺらと捲って「本に載っていることは大概みんな知っています。うちの施設には必要ないです」と責任者がおっしゃいました。しかしこの施設のご入居者のご家族の方が「母は他人の靴下をはかされています。ズボンにも違う人の名前が書いてあります。職員の方にそのことを言うと直るのはその時だけで、また違う人の服を着せられています。なぜ直らないのでしょうね。もう言うのも嫌になります。」と私に吐露されことがありました。これが現状です。ご家族の申し立てや思いが、施設の現場責任者に届いていないのです。全員が事態を共有できていないのです。
続きを読む >>
- | -